ウォーターサーバーの温水で紅茶はおいしくなる?

皆さんはウォーターサーバーを利用したことがありますか?
現在利用している人も、その目的はそれぞれで違うことでしょう。
しかし「安全」で「おいしい」水を飲みたいというのは共通した目的ではないでしょうか?

ウォーターサーバーの魅力の1つは、いつでもすぐに冷水・温水が飲めるということでしょう。
冷蔵庫に入れて冷やしたりすると、場所を取りますよね。
朝の忙しい時間にヤカンでお湯を沸かすのも、時間がかかってしまいますね。
使いたいと思ったときにすぐ使えるところは最大の利点と言えるでしょう。

そんな中で、紅茶が好きな人には、ウォーターサーバーを利用して紅茶を淹れられることをお勧めします。
というのも、コーヒーなどと比べると、紅茶は水の影響をもろに受けてしまう飲み物だからです。
水の味が紅茶の善し悪しを決めると言っても過言ではありません。

水道水には、カルキが入っています。
カルキの中には、塩素の成分が含まれています。
私たちの家庭に殺菌消毒した安全な水を届ける為とは言え、そのせいで、水道水はカルキの臭いや味がするのです。

それとは逆に、ウォーターサーバーの水は天然水や人工水です。
天然水はミネラル成分が含まれており、癖のないあっさりとした口当たりで、飲みやすいです。
人工水は、雑菌やミネラル成分など全ての不純物を取り除いた純粋な水です。
そこに人工的にミネラル成分を入れたりもしますが、天然水と同じく飲みやすい水に仕上げてあります。
その水の違いによって、紅茶の味も違ってくるのです。

紅茶はだいたい軟水で淹れるのが理想ですね。
中には中硬水などでも変わらずおいしく飲める紅茶もあるそうですが、大半の紅茶に適しているのは軟水のようです。
温度も、ウォーターサーバーのお湯をそのままティーポットに注ぐだけで、香りのよいおいしい紅茶が作れるようですので、紅茶好きの方は是非お試しになってみてはいかがでしょうか?
水道水と飲み比べてみるのも味の違いが実感できて面白いかもしれませんね。

Copyright (C) 安心・安全の水 All Rights Reserved.