ウォーターサーバーの稼動音は気になりますか?

ウォーターサーバーは、冷水と温水がいつでも飲みたい時にすぐ飲めるという優れものです。
何故常温の水がそんなにもすぐに冷水・温水になるのかというと、サーバー本体にモーターが内蔵されており、コンセントから電気を得ることによって、その状態を維持している為なのです。
つまり、冷水や温水を作る為にモーターが動いているのです。
ということは、常にモーターが作動しているので稼働音がします。
ではその音ってどのくらいの大きさなのでしょうか?

昔のウォーターサーバーの稼働音は結構稼働音がしたようですが、日々改良されている為か、最近のウォーターサーバーの稼働音は静かになり、一般的には冷蔵庫の稼働音よりも静かだと言われています。
使い始めの設置した最初の何時間は、水の温度を安定させるために通常よりも大きな音がします。
しかし、安定したらおさまりますので、その後は静かになります。
もし何時間かたっても変わらず音がしているのであれば、設置している場所に問題があるのかもしれません。

ウォーターサーバー本体が家具に当たっているとか、傾いているといった場合には、大きな音がする可能性がありますので、もう一度設置した場所を確認してみて下さい。
家具に触れているようなら隙間を開け、傾いているようなら傾きの原因を探りましょう。
それらの原因を取り除いてみてもやっぱり音が気になるという場合は、一度メーカーに相談してみるのも手段の一つですね。

このようにウォーターサーバーは全くの無音ではありませんが、限りなく静かなので、稼働音が気になって仕方がないという事にはならないでしょう。
ウォーターボトルの方はリターナブル方式とワンウェイ方式があり、リターナブル方式の場合だと、ボトルに空気が入るため、たまにぼこぼこという音がします。
この音はどうやっても防ぐことはできません。
ぼこぼこという音が気になるという方には、使う度に空気が抜けていくワンウェイ方式のボトルを利用されることをお勧めします。

Copyright (C) 安心・安全の水 All Rights Reserved.