ウォーターサーバーの水は軟水ですか?

水の成分を分類する時に、「硬水」「軟水」で分類します。
よく耳にすることもあるでしょうが、「硬水」と「軟水」の違いってご存知ですか?
水の通り道である土壌環境などの違いによって硬度の違いが出てきます。
その硬度の差で、硬水・軟水と表すのです。

一般的に硬水は、軟水に比べてカルシウム・マグネシウム等のミネラル類が多く含まれています。
ミネラルが多く含まれた水は、便秘や美容に良いとも言われており、飲みごたえがしっかりとしていて、軟水に比べると飲みにくさを感じるかもしれませんね。
なぜなら、日本の水道水は軟水だからです。

軟水はくせがなく軽い口当たりなので、日本の水道水に親しんでいる方には、軟水の方が受け入れやすいと感じることでしょう。
海外では水道水が硬水の国もあります。
国土の広さや、地層に浸透する時間の長さが各国の水道水に影響しているのですね。

では、ウォーターサーバーの水はどちらなのでしょうか?
日本のウォーターサーバーを取り扱っている業者では、ほとんどが軟水です。
日本の水道水が軟水の事からも分かるように、日本で大量に定価で供給しやすく、軟水の方が馴染みがあり、日本人に好まれる傾向にあるからです。
硬水のウォーターサーバーもメーカーによってはあるようですが、硬水というよりも中硬水の物が多いようですね。

バナジウムが含まれている水は中硬水です。
バナジウムは血糖値や脂肪の吸収も抑えられ、硬水に比べて過剰に摂取しても胃に負担をかけたり、健康を害するということもありません。
軟水よりも硬水を飲みたいという方にはお勧めです。

軟水よりも、中硬水よりも、やっぱり硬水が飲みたいという方は、ペットボトルの商品を買った方が手に入れやすく、比較的安価でしょう。
ただし、その水は日本の水ではなく海外の水だということがほとんどでしょう。

先ほども説明した通り、日本の環境では硬水を作ることはなかなか難しいのです。
メーカーも多くありますので飲み比べてみて、自分に合う水を見つけてくださいね。

Copyright (C) 安心・安全の水 All Rights Reserved.