ウォーターサーバーがあれば万が一災害などで断水があっても安心できる

私たちの記憶に新しい東日本大震災。
震災後の被災地では、水に対する不安があったことは多くの方がご存知でしょう。
スーパーやコンビニなどでのペットボトル水の買い占めによる水の入手の困難、放射能漏れによる水道水を使用することへの不安等、水に関して様々な問題が起こりました。
私たちの生活には絶対必要な「水」、水がないという不安は相当なものでしょう。

そんな時、助けになってくれる内の1つがウォーターサーバーではないでしょうか?
ウォーターサーバーを利用している人にアンケートを取ったところ、災害時の断水時や放射能漏れ、ペットボトルの水の買い占め等への対応に、非常に役に立ったと回答する世帯がかなり多いようでした。
どんな時にも「安全」で「おいしい」水が、飲みたい時に飲めるというのはウォーターサーバーの魅力の1つと言えるでしょう。

震災後は「備蓄水」として、ウォーターサーバーを導入する世帯が増加してきているようです。
いわば災害時の保険と言ったところでしょうか。
災害とは予期せぬ時に、突然起こる私たちを襲う悲劇です。
そんな時にも、備蓄している水があればその場しのぎにはなりますので、とりあえずは安心ですね。

ただ、断水状態が短期間ならウォーターサーバーで補うことができますが、長期間になってくると業者に水を持ってきてもらい、ボトルを交換しなくてはいけなくなります。
交通状態が悪く、業者が新しい水を持って来てくれなければ、せっかくのウォーターサーバー本体があっても飲める水がないという悲しい事態になってしまいますので、災害時の対策用アイテムとしてウォーターサーバーの利用を考えられている方には、保険のつもりで出来れば多めに水を備蓄されることをお勧めしたいですね。

ボトル内の水は、殺菌された状態ですので長くて1年保管しておける水もあるようです。
殺菌方法はメーカーによっても違いがあるでしょうから、ホームページ等を見て賞味期限を確認しておくとよいでしょう。

Copyright (C) 安心・安全の水 All Rights Reserved.