ウォーターサーバーの保守メンテナンスの料金はどうなるの?

ウォーターサーバーは、「日本宅配水協会」での規定で、各家庭でのウォーターサーバーの使用において、衛生的かつ安全を維持して使用できる事を目的として、サーバー本体のメンテナンスを行なうことが定められています。
ウォーターサーバーを利用するのであれば、やはり安全安心が保証されているメーカーの商品を選びたいのが利用する側の心情ですよね。
ウォーターサーバーの水のボトルは、未開封であれば短くても3ヶ月は保存しておけます。
しかし、一度開封してしまうと、ボトル内の水が空気に触れてしまいますので、空気中の雑菌が入り込み、水はどんどん腐敗が進んでいきます。

ウォーターサーバーの本体も同じことが言えます。
主に水と空気の通り道になる給水口から雑菌が入り込み、サーバーの内部に雑菌が付いてしまいます。
これは使い続けていれば仕方のないことでしょう。
むしろ私達の生活の中で、雑菌のついていないものは皆無に近いのではないでしょうか?

しかし、ウォーターサーバーは雑菌の対策も考えられており、サーバー内を定期的にきれいにすることによって、雑菌の繁殖はある程度抑えられます。
メンテナンスは主に衛生面を保つために行い、各部の不具合などをチェックし、必要に応じて部品交換などを行います。

さて、気になる料金ですが、実はメンテナンス料は無料というメーカーが多いようです。
その他には、1年?3年ごとにサーバー本体を交換してくれる所もありますが、有料のメーカーもあるのでご注意ください。
内部の抗菌カートリッジのみを交換する所もあります。
こちらは有料の場合が多いですね。

水のボトルを1本使い切るたびに、利用者がサーバー内を洗浄することを進めているメーカーもあります。
費用はもちろん発生しませんが、時間と手間がかかります。

注意していただきたいのはメンテナンス料が無料だからと言って、必ずしも他メーカーより安いという訳ではありません。
メンテナンス料は無料でも、ウォーターサーバーのレンタル料がかかるメーカーもありますし、水のボトルの注文単位が2本以上というメーカーもあります。
どのメーカーが自分の生活に適しているのかを総合的に見て決められるとよいですね。

Copyright (C) 安心・安全の水 All Rights Reserved.