ウォーターサーバーの機械だけレンタルしたいですが大丈夫ですか

ウォーターサーバーはサーバー本体を買取するかレンタルするか選ぶことができます。
ちなみにウォーターボトルは消耗品になりますから、もちろん買取になります。
サーバー本体を買取るのと、レンタルするのとではどちらが良いのでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう。
買取を選択した場合、メーカーによって値段設定が違いますので何とも言えませんが、だいたい3万円〜10万円程度と考えていたら良いでしょう。
意外にも高額ですね。
それに加えて、メンテナンス代・水代・電気代がかかります。

それに対しレンタルの場合は、サーバー本体を無料でレンタルできるメーカーがほとんどのようです。
つまり水代・メンテナンス代・電気代がかかるのみ。
メンテナンス代は買取のメンテナンス代ほど高くないようです。
もし、使用途中でやめたくなった時はレンタルの方が便利ですね。

違約金が発生する可能性がありますが、もう使わなくなったサーバーを回収してもらえるので、自分でゴミとして捨てる必要はありません。
水代・電気代には違いがありませんがメンテナンス代は、レンタルの場合は無料で定期的に行ってくれるメーカーがあるのに対し、買取にはそういった定期メンテナンス無料等は付いていないので、自分でメンテナンスするか、メーカーに連絡をして有料でやってもらうかになりますね。

その反面、借り物のレンタルよりも、買取って自分の物になった方が愛着は湧くでしょう。
どちらがお勧めとは言えませんが、自分の生活に合った方を選んでいただきたいですね。
ウォーターボトルはサーバー本体の形に合わせて設計された形になっていますので、違うメーカー同士のサーバーとボトルは、形が違うのでセットすることができません。
ほとんどのメーカーが、サーバーと水をセットで契約する形になっているようです。

水を買わずにサーバー本体だけのレンタルをしても、セットできる水が同じメーカーのウォーターボトルしかないので意味がありませんし、サーバーを買取りorレンタルしていない人がウォーターボトルだけの買取をすることはできないようになっています。

Copyright (C) 安心・安全の水 All Rights Reserved.