ウォーターサーバーの水は天然水なの

皆さんは天然水ってどんな水の事を言うのかご存知ですか?
天然水とは、地下から汲み上げる水を濾過→沈殿→加熱して殺菌、という方法で処理した水のことを言います。
水源や処理する方法によってナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーター・ミネラルウォーター・ボトルドウォーターという4種類に分類されますが、この中で天然水と呼べるものは、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーターです。

飲用水のうち、天然水以外の水を人工水と呼んだりします。
人工水とは、飲用に適している水を、水源地や原水等限定せずに加工している水の事を言います。
では、ウォーターサーバーに使われている水は天然水なのでしょうか、人工水なのでしょうか?
実はどちらもウォーターサーバーの水として使われているんです。

天然水はその名の通り、ナチュラルを売りにしています。
自然の地下水を濾過・沈殿・加熱殺菌処理して、自然に含まれているミネラル成分を多く残して、細菌等の不純物を可能な限り取り除いています。
人工水は、全てを取り除いた純粋な水です。
天然水に残されているミネラルも取り除いてしまいますが、天然水を作る工程では取り除けないような小さな細菌もきれいに取り除くことができます。
どちらの水をウォーターサーバーで使うのかは、皆さんの目的によって変わってきます。

おいしい水が飲みたいのであれば、ミネラル成分が入っている天然水がお勧めです。
安全性を重視するのであれば、人工水がお勧めですね。
軟水・硬水などの硬度の好みもあるでしょう。
最近では多くのメーカーが多くの商品を出しています。
メーカーによっても、天然水や人工水に若干の違いがありますので、ウォーターサーバーのご使用を検討されている場合でしたら、使用の目的、水の種類、好みの硬度等を考えてから、各メーカーのホームページなどをチェックしたうえでどのウォーターサーバーを選ぶのか、決められたら良いのではないでしょうか。

Copyright (C) 安心・安全の水 All Rights Reserved.