ウォーターサーバーの勧誘を断る方法を教えてください。

ウォーターサーバーはいつでも飲みたい時においしい水が飲めるとして、どのメーカでも売り出していますよね。
その点には非常に魅力を感じますが、ウォーターサーバーを導入したとして、その後に継続的に発生するランニングコストの事を考えると、慎重にならざるを得ません。
軽い気持ちで使うことにしてみたら、思った以上に水代や電気代等の持費がかかることに気づき、払い続けるのが厳しいからと解約しようとしたけれど、使用期間が短ければ短いほど違約金がかかってしまう場合もあるようで、解約することもできないということにもなりかねません。

そんな事態を防ぐためには、ウォーターサーバーを導入するとしたら、レンタル料・メンテナンス料・水代・電気代などが総合して月々いくらかかるのか、1年ではどうか、各メーカーによってどうかという事をまず検証・比較していただいて、そのくらいなら払っていけそうだと思ってから契約をするのが失敗しないやり方です。

ホームセンターやショッピングモールなどで、たまにウォーターサーバーの勧誘を見かける機会があるかもしれませんね。
もしかしたら声をかけられて勧誘されたことがあるかもしれません。
「今なら特別にウォーターボトルが1本無料で付いてきます」や「レンタル料無料のキャンペーン中です」などの甘い言葉に騙されて、つい契約してしまう人もいるかもしれませんね。
帰って契約したメーカーのホームページを見てみると、ウォーターボトルは新規契約者には、必ず1本無料で付けているとか、レンタル料は元々タダだったから、今だけのお得でも何でもなかったという悲しい事実を知ることも…。

以前からウォーターサーバーを導入しようと考えていた人が、勧誘でお得情報を言われると、本当にお得かどうか判断できますが、これまでウォーターサーバーを使おうなんて考えてなかった人が勧誘されたら、「お得」「今だけ」「キャンペーン」という言葉につい騙されて契約してしまう場合もあるようです。
そんな人は、勧誘されても「足を止めない」「耳を貸さない」「こちらから質問しない」「いりませんしか言わない」等、はっきりと断る意思表示をすることが大切です。

Copyright (C) 安心・安全の水 All Rights Reserved.