ウォーターサーバーの温水機能と電気ポットどちらが節電か

ウォーターサーバーはいつでも飲みたい時にすぐ冷水や温水が使えることで、多くの方から支持されています。
おいしいミネラルウォーターがいつでも飲める、しかも冷たいお水も、熱いお湯もすぐ給水口から出てくるのは魅力ですよね。
そんなに便利なら誰でも一家に一台は欲しいはずです。
ここで気になってくるのが置き場所や水の安全性もあるでしょうが、多くの方はそのお値段でしょう。

導入するのにいくらかかるのか、維持するのはいくらなのかと、常にお金の事が付いて回ります。
ウォーターサーバーを出している会社も商売ですから、利益を得るためにやっている訳です。
当然ある程度の値段がしますよね。

では、ウォーターサーバーを利用した場合と電気ポットを利用した場合では、どちらが節電できているのかを比べてみましょう。
ウォーターサーバーは、ウォーターボトルの水を、細菌が繁殖しないために一定の温度に保つため、24時間中コンセントに繋いでいなければなりません。
それを1ヶ月続けると、水を使う頻度や用途によっても変わって来るでしょうが、約1,000円程かかるようです。

それに対して電気ポットは、1日に2回沸騰させ保温することを毎日行ったとしたら、電気ポットメーカーの機種によっても変わってきますが、月々約1,000円前後になるようです。
実は、ウォーターサーバーと電気ポットって月々の電気代はほぼ同じになるんですね。
ちなみに電気ケトルは圧倒的に安いです。

しかし、ウォーターサーバーと電気ポット・電気ケトルとは電気代が同じでも、実は違いがあるんです。
電気ポットはお湯しか保温できず、電気ケトルは保温もできません。
それに比べてウォーターサーバーは温水と一緒に冷水も常に飲める状態を保っていられることがメリットでしょう。
夏なら冷たい水を飲みたいですよね。
ウォーターサーバーなら冷蔵庫で冷やすこともないので、冷蔵庫の開け閉めによる電気代や、冷水を作る電気代の分、節約できていますね。

Copyright (C) 安心・安全の水 All Rights Reserved.